東洋電気工事

Voice 7先輩の声 7

仕事を選ぶポイントは何ですか?
お給料やお休み、そして生活の安定性?

だけど、働く理由はそれだけじゃない。
昨日より今日、今日より明日…。
出来る事が増えていく、その瞬間の為にも働くんじゃないかと思うんです。

  • Voice先輩の声

    入社:2015年8月

    営業部 課長

    山田

    できることをやり切る自負

    誰にとっても素晴らしい仕事環境が、ここにはあります。

  • 東洋電気工事先輩の声 山田

入社を決めた理由

転職活動を行うにあたり、自宅から近かったことも候補に入った要因のひとつになりました。
面接を進める中で、各種表彰を受けている企業であること、神戸空港などの公共インフラに深くかかわっていることなどから、社会的に重要な局面で安定した仕事を確保できている企業だという好印象を持ちました。また前職で電気工事士の資格を取得していましたので、活躍の機会もあるのではないか、との思いもありました。

東洋電気工事での仕事の担当

営業活動全般を担っています。具体的には、官庁の入札案件や民間のお客様との折衝などの業務が大きな柱ですね。
当社の営業活動は既存のお客様とのお付き合いを非常に大切に考えておりますので、工事の受注時や工期の期中、そして竣工時などの節目節目にお礼のご挨拶をかねてきめ細かなコミュニケーションをとることを心がけています。お客様からいただくご意見やご要望は、その都度社内にフィードバックし共有することで、各部署の社員一人ひとりが意識し、さらにより良いサービスのご提供に繋げることができます。
「東洋さんなら全部任せられるよ」と言っていただける関係作りを常に目指し、日々精進しています。

メンテナンススタッフ メンテナンススタッフ

入社してからどんなことができて、またその際どんなサポートがあったか

実は私、工務部の採用情報をみて応募したんですね。選考の面接時に、面接官の方から「君、上手に話ができるね。」と言われまして。丁度その時期、当時の営業社員が1名定年退職を迎える方がいらっしゃいまして、営業部の課員としての可能性を打診されました。私自身、営業職に興味がありましたので入社後は工務部のメンバーとして図面を書くなどの業務に携わる傍ら、営業の先輩と同行しながら引き継ぎ業務を合わせて進める日々を送りました。やはり、長年営業としてお客様と接してこられた方の一挙手一投足は本当に学ぶべきものが多かったですね。会話のアプローチ、相手の意図をどう汲み取るか、想いを引き出すための踏み込んだ問いかけなど、「活きた技術」を目の当たりにできたことは、私にとってかけがえのない経験となりました。

仕事の中で一番やりがいを感じるところ

やはり、営業として会社に貢献できたと感じることができた時でしょうか。もちろん営業ですから、「仕事を受注する」ということは大前提なのですが、こだわりたいのは「どのような受注をするか」というところ。
コストや工期などの条件設定の良し悪しは、ダイレクトに社内業務に影響を与えます。
全体的な業務負担を極小化できる受注が決まった時、その案件を無事に終えた時。それが、お客様と当社の双方で「いい仕事ができた」と実感できる瞬間です。

今の意気込みや、これから目指していること

私が携わる営業職は、どのような案件においても言えることですが、お客様と東洋電気工事双方の意図を汲み取り、理解し、その双方に寄り添える言わば「橋渡し」の役割を担っています。
案件を進めるにあたり、時として厳しい条件の選択を迫られることもありますが、お互いの立ち位置を理解したうえでベストな選択へ双方を導くことができるか否かは、橋渡し役の私共営業の手腕にかかっていると言っても過言ではないと考えています。まだまだ私の技術では至らないところも思い浮かびまくりますが、日々「東洋電気工事の営業のあるべき姿」を目指して精進していきたいと考えています。

メンテナンススタッフ メンテナンススタッフ

会社のここがイイ!

限られた条件の中で、必要な要件を最大限満たす電気設備の提供を全社一丸となって達成することができるところが、当社の良いところだと考えています。
設備としての安全性と使い勝手の良さを一番に考える。お客様にとって「当たり前」なことを、当たり前にご提供できる企業だからこそ、創業以来変わらずお付き合いしてくださるお客様がたくさんおられるのだと思います。各方面から認めていただいている、これらの当社が持つ「良いところ」を社員一人ひとりが理解し、変わらず継続するとともに、次代を担う企業として更なる進化へ向けて努力を続ける姿勢が随所に見られる企業風土は、一社員として非常に誇らしく思います。

一緒に働くメンバーや先輩のこと

若いスタッフも多く、非常にコミュニケーションの取りやすい環境だと思います。また仕事のクオリティに対する意識がどの部署のスタッフも高いので、案件ごとに工務部など他部門のスタッフと進行についての打ち合わせを行うことが多いのですが、創業以来脈々と受け継がれた「プロ意識」で、決してオーバースペックではない、お客様にとっての絶妙な最適解を導き出す様子は、見ていて心強い限りです。

これから入社する後輩へのメッセージ

東洋電気工事という会社は、できることを間違いなくやり切る自負を社員一人ひとりが持っている会社です。そこには一切の妥協はありません。できることを妥協なくやり切るために、自分に必要なものは何か。自分の役割は何か。自ずと考え、自ずから動く。そういう精神が根底にあるように思います。非常に難しそうに聞こえるかもしれませんが、一人ひとりがこの考え、この価値観に基づいて仕事をするからこそ、お客様にとって最善のご提案をすることが出来ますし、仕事の達成感もひとしおなんだと思います。
お客様のために、自分のために、そして会社のために。誰にとっても素晴らしい仕事環境が、ここにはあります。ぜひ一緒に、ここで頑張りましょう。

TOP